FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンカードの2011を振り返る(草・悪・鋼編)

今回は草・悪・鋼について


【ビリジオン(BW2)】
ダブルドローを使った展開役として重宝しました。たねでHPがたかいので序盤に来ればなかなか使える子。序盤ならNで流されるのも別に怖くありません。



【ツタージャ・ジャノビー・ジャローダ(BW1)】
ジャローダをランクルスとともに使えばポケモンチェックのたびに大量に回復することができます。
相方のランクルスが逆境ですが、ロックしながら相手をいたぶれる可能性を持った子です。
グラスミキサーは草エネルギーを好きなだけ付け替えることができるわざで、草ポケだけでなく無色で起動するポケモンのエネルギー加速にも使えます。
特性、わざともに今後出るカードによって大きなチャンスがあると思います。



【アギルダー】
(BW2)
無色一つでだせるわざ、アシッドボムで相手のエネルギーをトラッシュできます。逃げるエネルギーが必要ないので相手の妨害をして時間稼ぎをする役割にはなかなか使えるでしょう。
一枚でも大きなアドバンテージですが、クラッシュハンマーと併用して二個以上破壊する状況を作れればテンポを完全に乱せるでしょう。
(BW4)
なぐってドロンがひじょうに強力。ゴチルゼルとのロックデッキでは相手の次の番をほとんど封じたといっても過言ではありません。相手がエーフィを積んでいるだけで止まってしまうのが痛いところですが。
個人的にはこれから流行の一角にはいってきそうな注意カードだと思います。
みんながエーフィを積む日がくるのだろか。



【チュリネ・ドレディア(PROMO)】
結果バトルカーニバルでダークホースとなったドレディアです。
コインが裏でも表でもこんらんかマヒにできることで相手の行動を大きく制限できます。仮に相手に逃げずに攻撃してくるとしたら、次の番に攻撃される確率は3/4で、ビクティニを使えば7/8になります。
数字を見ても非常に安定していますが、同様PROMOのチュリネもマヒわざをもっているのも大きなポイントです。
逃げるサポートができるダークライの登場で少しささりにくくなった感もありますが、逆にいえばポケモンいれかえを多く入れてないデッキもあるのでマヒにすればとまることも多いでしょう。



【クルミル・クルマユ・ハハコモリ(BW3)】
ポケモンの弱点を消せるというのはそれだけで大きな利点です。ミュウツーなど、弱点が自分と同じカード。の時は、ハハコモリがいる方が非常に有利に戦いを運べばます。
二進化故の立てにくさはありますが、たってしまえば大きく有利になるカードです。




【ゾロアーク】
(BW1)
イカサマがEXに対して大活躍しました。ニコタマ一枚で相手の技をまねできるのはやはり強力です。
反面進化デッキは苦手と言えるでしょう。進化前の弱いポケモンを狩るのは苦手です。
このように戦える相手が限られますが、わるだくみも序盤の展開に有利なので便利なポケモンといった感じでエス。
(BW4)
パックの名前になったダークラッシュ!よりもビートダウンが強力なポケモン。
ただ、ダークラッシュのせいで中途半端にダメージを与えられないのでかくせいゾロアスタートから序盤の壁として使うのも有効と言えるでしょう。



【ズルズキン(BW1)】
BW3でRがでたズルズキンですが、性能としてはBW1の方が使い勝手がいいでしょう。
一エネで20にやけどマヒができるのはこいつだけ。
ダークラッシュでは悪の爪やダークパッチが登場した上ウルガモスという仲間を得、以前よりも使われる機会が増えるでしょうか。



【バルジーナ】
(BW1)
ダメカンの乗っている相手限定なものの1エネ50ダメージは強力。追撃役として使いたいところですが、悪の爪とは相性が悪めです。
(BW4)
「裏がでるまで」コインを投げるわざをどうとらえるかで評価は少し変わるでしょう。
あくのはどうはニコタマ+サザンドラ、ダークパッチなど場のエネルギーを増やす仕組みと一緒に使いたいですね。



【サザンドラ(BW2)】
旧裏のリザードンよろしくついているエネルギーを全て悪に変えることができます。
わざのバトルポケモンに60ベンチに40×2は相手を選びますね。きせきの多いたね環境だとあんまり戦えなかったりしそうです。悪ポケ全部に言えることでしょうが、悪の爪を付ければ無理やり打点が上がるので正面に80与えられれば、それなりに戦えそうです。
ベンチ狙撃に関してはダークライがライバルですが、こちらはシラス全種を一発、きせきシラスも二発で落とせることを売りにしていきましょう?



【ニューラ・マニューラ】
ポケモンの道具がついていれば1エネ90ダメージ。自身も悪のつめで110ダメージまで出ます。
現在までで出ている道具はゴツゴツメット・しんかのきせき・悪のつめ・学習装置で、どれもよく採用されているので意外と活躍する環境ではないかと思います。
ただ、やはり多くのポケモンは90では落としきれないので爪をつけるのがいいでしょう。
もちろん正統派アタッカーがいてこそのマニューラです。




【コバルオン(BW2)】
アイアンブレイク、エナジープレスのどちらも強力。どちらのわざも相手のEXを相手にする時に重宝します。
さらに流行ったミュウツーに対して抵抗力を持っているのが大きな強みでした。
鋼抵抗も少ないので強いカードだと思いますが、ダークライで逃げられてしまうとアイアンブレイクが無力なので流行りを考えると少し使うことをためらってしまうかもしれません。



【アイアント(BW2)】
くいあらす。とにかく、くいあらす。流行しましたありデッキ。
きせきアイアントでミュウツーに対して有利だったのも流行の理由でしょうか。
アーケオスと組んだり、一体で突破するのを封じるためにミュウツーを入れていたり、単だったり、いろんなデッキがありました。ダークラッシュで改造ハンマーが登場したことでまだまだやれそうなアイアントデッキ。
ダークライで逃げエネを0にされると時間稼ぎが大変になっていくのかな?
来年も環境の一角で活躍するのでしょうか。



【ギアル・ギギアル・ギギギアル】
(BW1)
ギアチェンジでプリズムエネルギーを動かせるのは面白い能力。もちろんレインボーエネルギーを動かすこともできるのでプリズム・レインボーの四積みずつならほとんどのエネルギーが動かせますね!
鋼で強いポケが少ないのでまだ時代は来ていない感じがありますが、鋼EXが出てくると採用の余地が出てくるかもしれませんね。
(BW4)
鋼エネの数だけ威力が増えますが、エネが増えるほど燃費の悪さが目立つので低エネで使いたいもの。
あとは何とか4エネを付けて展開補助でしょうか。
ラインが全てヘビーボールでサーチ可能になったので少し立てやすくなりました。





なんか少ないような。
他にも使えるカードがありますが今のところ思いつくのはこんな感じです。
どんなカードも活躍する場面と活躍しにくい場面があると思うので、自分がどう活躍させたいのかはっきりと考えて使うのが大切ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風車

Author:風車
座右の銘は「楽しく厳しくいやらしく」

twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
カウンタ
 
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。