FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンカードの2011を振り返る(EX編)

2011年に計12枚登場したポケモンEXに一枚一枚思いを馳せてみたいと思います。




【レシラムEX】
環境的にはゼクロムほど使用頻度は挙がらなかったものの、見かける機会は多くあったと思います。
バトルカーニバル大阪ではドレディアとレシラム、ミュウツーを採用したカードが優勝しています。
ビクティニと併用すれば高確率でノーリスク150が打てるのは魅力でしょう。
環境に水ポケモンも少なく、場持ちもよいので一度エネルギーがついてしまえばなかなか頼もしいです。
ウルガモス(BW2)で加速したり、前述のドレディアで時間稼ぎして早く育てていきたいですね。
ダークラッシュで出たエンペルトがどこまではやるかが直近の明暗を分けるでしょうか。



【ゼクロムEX】
今年ミュウツーについで流行ったEXでしょう。シビビールのエレキダイナモでエネルギーを加速するシビゼクはゼクロムが出てから一番作られたデッキなのではないでしょうか。
エンジンが存在した他、2エネルギーをトラッシュするデメリットが流行りのミュウツーEXに対してはプラスに働くというところも採用率が伸びた理由でしょうか。
ダークライが出て、シビビの生存率が不安になりましたが、まだまだ戦えるカードだと思います。
これからはレシラムとともに「ドラゴンタイプ」を手に入れる日がくるかもしれませんね。



【ミュウツーEX】
今年一番流行ったカードでしょうか。ミュウツーの入ってないデッキを見かけることの方が珍しいレベルでした。
ミュウツー対策にミュウツーが採用されることが多かったので誰も一枚は入れていた印象です。
もともと強かったプラスパワーの重要性がこのカードによって増したと思います。
エックスボールの使いやすさについては議論の余地はもうないと思いますが、威力が伸びない時にサイコドライブが打てたのがミュウツーの強さでした。
個人的にはミュウツーが出てきた時、使う時のダメージ計算は緊張ものだったのも印象的です。
これからは悪の台頭により多少数が減ると思われますが、その分ミュウツーにエネを溜めやすくなったともいえるので悪も正面突破が十分に可能です。「どのデッキにも」というスタンスから「ミュウツーを使うデッキ」という形に変わっていくでしょうか。



【カイオーガEX】
その期待外れ感から一部ではおおきなマグロとまでいわれる不遇のカード。打点が低いこともさることながら、BWに水の加速要員がいないことも大きく災いしました。さらにはゼクロムEXの流行によって完全に使用する理由がなくなってしまいました。ダークラッシュの登場で環境からゼクロムの割合が減ればまだ使いやすくはなるでしょう。ゼクロムおわったを必死に唱えている人がいたらカイオーガかもしれません。
これからは、おそらく出るスイクンEXの登場とともに水が強化されればチャンスがあるかもしれないですね。(スイクン強すぎると採用されなくなりますが)
SRのイラストが好きだから使いたいんだけどな。。。



【シェイミEX】
カイオーガと並んでがっかりオブ・ザ・イヤーにノミネートされる恐れがあるカード。
とはいえカイオーガよりは採用されているイメージです。
リベンジバーストはとられたサイドの枚数だけダメージが増えますが、自身がEXである、HPが低いということで使うなら残り一枚になったときという使いどころがかぎられるカードでした。
連発できるような耐久ではないので、残りサイドが1:1の時に奇襲としてだす運用が望ましいです。
こちらのサイドが3枚残っていたりする時は返しで倒されそうで少し不安ですね。
ダークラッシュからつけあがるワルビアルが登場。二進化、エネコスを考慮する必要があるので単純な比較をしても意味がありませんが、残り1:1ならこちらの方が優秀。
シェイミはやはり懐刀として持っておくことになりそうですね。



【キュレムEX】
へイルブリザードの看板ポケモンとして登場。
相手の特殊エネをトラッシュできるのはダブル無色で起動するミュウツーEX、レシゼクEXに効果がありました。
わかりやすいわざとそこそこの打点で使いやすいものの、使用率はそこまでなかった印象があります。
コバルオンの弱点を補っていた印象です。
炎も鋼も人気がそこまで伸びず、環境の影響をあまり受けていないカードでしょう。
ダークラッシュでは改造ハンマーが登場。自身もダブル無色を使うキュレムには痛手かもしれません。
カード本来の能力が控えめなので新しいカードとのシナジーで台頭するということはなさそうです。
炎が増えたら雷弱点の水タイプより採用の余地があるので、他のタイプの動向が気になるカードでしょう。



【グラードンEX】
ふみあらすでばらまきが行え、ダメージがある相手にはジャイアントクローの威力が伸びます。
結局使用率はカイオーガと同じくらいでしょうか、使われなかった印象があります。
闘で優秀なばらまき要員の不在、エネ加速要員の不在によって使いづらいカードですが、逆にいえばこれらのカードが出てくれば評価が上がるカードでしょう。
悪タイプの台頭によって相対的に闘の価値も増しています。いっそダークライと組んで逃げエネを軽くしながらダメージをばらまいてもらうのもいいかもしれませんね。
今後の闘のつかいやすさ、悪の流行しだいでチャンスのあるカードだと思います。



【レジギガスEX】
エネルギーを選ばないことがこのカードの魅力。
3エネで最大威力80のわざがだせるという点は同じエネルギーで100が出せるトルネロスEXの登場により肩身が狭いです。ダメカンがのることをレイジングハンマーの布石として取るならメリットですが。
わざを出すエネルギーも逃げるエネルギーも重いのでシビビなどで加速してやりながら使わないとすぐキャッチャーされるポケモンです。
HPが高く一撃でやられることはほとんどありません。きせきをつけておけばダメージ調整もしにくくなるので高打点のレイジングハンマーを出す機会は一度はあるでしょう。
使いにくさが目立ちつ上に悪によって闘が流行りそうなど逆風が吹いていることが否めないカードです。



【ダークライEX】
ダークラッシュの目玉EX。初の特性もちEXです。
悪エネついているポケモンの逃げエネ0になるという使いやすい特性。
ナイトスピアでシビビール、ベンチのシビシラスも狙えるということでシビビに圧力をかけています。
このカードがでてからミュウツーの使用率が落ちるなど、環境に与えた影響は大きいでしょう。
同時にでた悪の爪やダークパッチなどのサポートグッズも豊富なので組みやすいですが、ミュウツーほど汎用性があるカードでもないので採用は悪デッキを中心に落ち着くのではないでしょうか。
これから出るカードによっても可能性があるカードです。



【ライコウEX】
逃げエネ1、3エネでどこでも100ダメージの使いやすさがあります。エネトラッシュが必要なので連発はできないですがシビビで加速することができるので使い勝手はいいでしょう。
ゼクロムEXとの二択となるような性能ではなく、むしろゼクロムでは手が届かないところを補完できる共存可能なスペックなのが強みでしょう。ミラーではお互いベンチのシビビが倒せるため、入れておく必要のあるカードになるかもしれません。
ゼクロムと一緒に猛威をふるうことになりそうです。



【エンテイEX】
がっかりEXの急先鋒。確定やけど、エネ加速のサポートよりなわざをもつものの、打点がやや不足とEXとしては物足りない印象。個人的には好きなんですが、カイオーガのような愛が無いと難しいポジションになるのではないかと思ってみたり。
いろんなポケモンがもっているシンプルで使いやすい効果ゆえに、今後のカードによって大幅に評価が見直されることもあまり期待できない気がします。
単体でもエネルギー加速できますが、シビビのようにでベンチでの炎のエネルギー加速が行えるカードが出れば、チャンスがあるかもしれません。



【トルネロスEX】
ダークラッシュで大方の予想を裏切りEX化したトルネロス。
初動の評価は裏切られたがっかり感もあってかそこまで高くなかったですが、すぐに評価を上げました。
エネを選ばない3エネ100打点とスタジアムを出しての2エネ60打点で速攻できるのは強力で、ワンキルの可能性を大きく引き上げました。橋セレビィで初手100点ということも可能ということが無色の強み。
環境はトルネロス・ゼクロム・闘・ダークライでにらみ合う形になっていくでしょうか。




以上EXに対しての私の評価です。
やはり環境を支配しているのはミュウツー・ゼクロムで、最後にダークライが環境に食い込む片鱗をみせていると思います。
研究不足なところもありますし、今後のカードによっても大きく評価が変わる可能性があるので結局はわかりませんが。
実際、強力EXがいないタイプは採用率が落ちるほど大事な要素になっていると思います。EXなくしてポケモンカードはできないというと大げさかもしれないですが、実際ジムチャレでEXを見ない日はないですもんね。
未登場の鋼EXもどうなるのか気になりますし、来年のEXもいろいろと気になるところです。
ひまがあったら他のポケモンもまとめておきたいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風車

Author:風車
座右の銘は「楽しく厳しくいやらしく」

twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
カウンタ
 
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。