スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/4/15 ジムチャレンジカップ@サニーランドセラビ幸町店

今日は僕のホームと言っていいであろうサニランでジムチャレンジカップがあったので行ってきました。
前日の夜から朗くんの家に泊ってデッキを調整。ばっちり睡眠をとってのぞみました。


ついてみると徐々に人数が増え始め20人を超える大所帯になったのでトーナメントで行うことに。


1回戦
○6-0
サイド差の割にひやひやし続けましたが勝利。立ち上がりで多少はもたもたしましたが相手のポケモンにエネがつかないということもあったので助かりました。


2回戦 H君
○6-4?
サイドはうろ覚え。序盤からサイド先行していくも終盤に粘られなかなか決着がつかない。というよりひっくり返されかねないという試合でした。最後の最後は展開しきった主力たちで力押しって感じで勝ち。
最後までどっちに転ぶかわからないいいゲームでした。

3回戦 カイリさん
○6-5?
勝ったというより勝たせてもらいました。


4回戦(決勝戦)
×4-6
序盤もたもたしている間に相手は1枚ずつエネをはり準備完了。サポうってもちぐはぐであきらめかけてましたがなんとか追い上げて、もう少しでしたがあと一歩及ばず。序盤の差が響いたって感じでした。
なんかいろいろ勘違いばっかりしてちょっと申し訳なかった。

ということで2位!
大変悔しいですが、ピリピリした試合をして、それなりに勝つこともできたのは圧倒的経験不足の僕にはいい経験になりました。よく考えたら大会の空気が全く分からないので。
実は殿堂もありましたが借り物デッキだったし割愛。スイスドローで1勝2敗でした。
本当は今日ここで取っておきたかったですが仕方ないので他のジムチャレンジカップを探すか、行けないようならパス無しでカーニバルにいくことになりそうです。
スポンサーサイト

ロズレイドとミロカロス~万能サーチの行方~

どんなデッキも使いたいカードが手札になければ望んだ動きをすることはできません。
そこでサーチカードをいれるわけですがBWレギュではほとんどの場合「ポケモン」をサーチすることしかできませんでした。(コジョンドとかいたけど)
そんな中BW5の時期から登場した万能サーチカードがロズレイドとミロカロスです。


ロズレイドは特性で進化した時にデッキから好きなカードを一枚手札に、ミロカロスは水エネ一つでデッキから好きなカードを三枚手札に加えることができます。


最初ロズレイドの情報が出たときに僕なんかは強いと思っていたんですが実際にデッキを組んでみるとどうもロズレイドを入れるスペースを捻出するのが難しいようです。いろいろ見ていてもミロカロスやロズレイドを使っているデッキというのはあまり見かけません。



その理由をそれぞれ考えてみたいと思います。



【ロズレイド編】
まず、ロズレイドを使うに当たってネックになるのは「特性を使うには場にロゼリア、手札にロズレイドがなければいけない」
という点です。序盤にアララギ博士とコンビで来ようものならその対戦でロゼリアはただの手札コストになりかねません。
一方でメリットは「ポケモンだからサーチができる」ということです。特にレベルボールでサーチできますね。
ただ、サーチには最低でもロゼリアロズレイドの二枚。+αでボールが必要です。
ということはスタジアムなどをサーチするという使用目的であれば目的のカードを増やすほうが合理的な気もします。


なので大体は「欲しい時に欲しいカードを引く」ということが採用の目的になります。
そのためにはベンチにロゼリアを置いておいてほしいタイミングでロズレイドを手札に持ってくるという行動が必要になるのですがこれがどうやら大きなハードルのようです。前述のアララギ博士のケースもあります。
ロズレイドのためにレベルボールを多く積まなくてはいけなかったら本末転倒ですからもともとレベルボールが無理なく入るデッキにしか入らないとも考えられます。


キーパーツが多いデッキでは採用の余地があるのでしょうがそういったデッキはだいたいスペースがきつきつなのでロゼリアが入る余地がなかなかありません。


なによりロズレイドをだしてもカード1枚では劣勢を跳ね返すことは難しいのでおのずと互角かそれ以上の状態の時に効果を発揮するカードになります。とどめのまんたんやキャッチャーを引けたらすごく強いのはわかるんですが、結局はロズレイドにスペースを割きながら、ロズレイドの入っていないデッキと互角以上の戦いをするのが難しいということなんだと思います。




【ミロカロス編】
3枚を自由にサーチできます。
ロズレイドと違う点はわざということ。
エネが必要なのでヒンバス+ミロカロス+エネルギーの三枚のカードが必要です。
3:3交換なのでカード枚数的にはいい気がしますが重いコストはわざを使う権利を使ってしまうということ。


後半は、いかに早く相手より先に相手のポケモンを倒すかというダメージレースが大事になるということ、またサーチにわざを使っているひまがあればトラッシュからサーチできるヤミラミというライバルがいること。
勝利条件がサイドを取りきることか相手の山札をなくすことである以上わざをだして相手にダメージを与えなければカードをそろえたところで始まりません。
この二点から後半にミロカロスを使う意義は薄れます。
のでミロカロスを使うならば前半から中盤が理想になるわけですが進化ポケモンなのでいきなりの登場はできませんし付け替えがあるならまだしもミロカロスにエネルギーを付けると結局こちらのアタッカーが起動するのが遅くなります。
極めつけはNの存在。このちぐはぐな感じがミロカロスの使用率が伸び悩む原因でしょうか。


また、ミロカロスは水エネルギーが必要なのでどんなデッキでもわざがつかえるわけではありません。
当然水エネルギーを使うデッキに入れたいのですが今の環境では水タイプがあまり強くないこと。そのなかでもエンペルトではエネルギーが少なく入っている場合が多いことから活躍することが難しいといった状況です。






考えていて思ったのは条件付きとはいえやはりカード1枚で好きなカード2枚をサーチできるふたごちゃんは偉大だったということですね。
キーパーツが多い極悪コンボデッキみたいなデッキがあったら日の目を見るかもしれないなと考えてはいるんですが。

2012/4/1 ジムチャレンジカップ@本田商店・プラセン

ジムチャレンジカップが始まるということでカイリさん、うるくん、朗くんと一緒にいってきました。
夜勤明けで車を出してくださったカイリさんには本当に感謝。


初めは11時からの本田商店。
11時直前までお店の方が来ないなど焦る展開はありましたが大幅に遅れることはなくスタート。
参加者は僕らの他ずさままさん親子、常連さんが一人の7人でトーナメントでした。

初戦は常連の方。
初手からこちらのペースで試合が進み、順調にサイドを取って勝利。
二戦目準決勝はうるくん。デッキは知っていたのでまあ多分勝てないんだろうと思っていましたがキーカードが落ちていたそうで、思ったよりいい試合になりました。結果負けましたが、なまじ勝てそうだったので無駄に悔しい思いをするはめになりながら敗退。
ここではうる君が優勝しました。おめでとう!



そのまま13時からのプラセンへとはしご
初戦はずさままさんが相手で途中の打点不足が響いたり引きたいものが全くひけなかったりでサイド1枚届かず負け。最後にあれがひけてればみたいなありがち展開だったので人間力を鍛えなおそうかと思います。
ここでは朗君が優勝しました。友達がしっかり優勝できてよかった!


その後はサニランにちょっと顔を出し今週のメタをいろいろみてから退散。
この時期は二週間あくとずいぶんと変わるもんですね。
その後は別件の飲み会へいったのでこの日のポケカは終了。
朗君の家にも顔だして行こうと思っていたけど思ったより疲れてしまいました。


というわけでパスがとれなかったのでまたどこかのチャレンジカップに参加しないとなー
プロフィール

風車

Author:風車
座右の銘は「楽しく厳しくいやらしく」

twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
カウンタ
 
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。