スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/26 ジムチャレ日記@サニーランドセラビ幸町店

前日の雪も溶け始めて自転車走行がたやすかったので行ってきました。


今回はL以降を組む時間が無かったのでBW用のデッキにオーキドデュアボを任意で入れる感じで臨みました。

一周目
使用デッキ ダークライミュウツーヤミラミバッフロンシンボラー
一応BW以降で組んだダークライ試運転。

一回戦 × 0-6 アイアントダークライ
誤解のないよう言っておくと間違いなくアイアントが相手でしたしスコアは6-0で僕の負けです。どうしてこうなった。そもそも初手バッフロン単がおかしかった。相手はダークライでスピア打てる体制になり、実は4ターン目くらいで試合は終わるはずだったんですが、相手が見逃してくれました。情けとサイド差で上位が決まるシステムに助けられて試合を続行。ダークライ出してもエネ張ってる間に倒され、倒され。
むごい試合で泣きたくなったところで負けでしたね。すっきり。


二回戦 × ドンファンテラキヤンマランドロス
闘踏んだら負けかなーと思ってはいましたが、やっぱり非EXで固められていたのがなによりきつかったです。
初手にバッフロンがいましたがださずにミュウツー。ていうかもうドンファンかたい。

三回戦 × セレビィブリッジ
初手にまたしてもアフロのあいつ。お前俺が好きなのか。そこからサポ引けない病にかかり展開遅れる。
なによりクラハンも回収も裏が出たのが一番痛かった。
手も足も出ないうちに負け。



三戦ともいまいち展開にうまくいかなかったので構築が悪いんだろうなー。サイド差も忘れるくらいには一方的でした。気を取り直して二周目。


二周目
使用デッキ シビビバレット

一回戦 × 4-6ダークライミュウツーテラキオンヤンマサンダー(M田さん)
相手の初手にサンダーがいたのでシラスにきせきをつけて守り、いやいやトルネロスEXでサンダーを殴り、サイドを1:2交換されてしまうも、サンダーを二体目のトルネで倒すと相手が止まったのでサイドは先行して残り3-4くらい。ただ、序盤から手に入るのがニコタマ闘エネだけで、ダイナモもうまいこと回らず、最初の展開はそれなりにうまくいったのにちぐはぐでした。中盤からこちらのサポが止まって追いつかれる。お互いミュウツーを擁し、残りサイド一枚でNをうって相手にキャッチャー入らなければ次で勝てる盤面でしたが見事に引かれて傷ついたトルネロスを取られて負け。今回一番悔しい試合。


二回戦 ○ 6-2ジバエンブ
ジバエンブと初めての対戦。
みんなであそぼでシラスを並べようとしたところでシビビが二枚サイドに落ちていることに気づく。サイド先行はさせてもらえるデッキなはずということでとりあえずシビビを並べる。3ターン目くらいからジバコが出てくるも相手のサポが止まっていたのでふたご警戒でとりあえずジバコにダメージためてあとで狩ろう作戦をとる。ジバコを倒したところから相手の展開が始まりましたがジバコを倒し続けてアタッカーがレシラムEXのみになって勝ち。
動きが分からなくて難しかった。


三回戦 × 2-6セレビィ(うる君)
おそらくL以降のトップメタ。初手はライコウ。あんま出したくないのにこいつは最近手にきます。
しかたないのでライコウにきせきはって後ろでシラス二段構えをそだてる。
ミュウツーにシラス一匹駆られたところからスタートしてシビビに進化。エネない。
そしてミュウツーもなかなか呼べず。シビビが仕事しないうちに葬られ、大分厳しくなる。
こちらのミュウツーが準備できてもキャッチャーやら入れ替えやらが引けないでチャンスを二回逃し、相手のミュウツーがなかなかたおせない。これが一番痛かった。
終盤は引けなかったキャッチャーがもっさり来る案の定展開で最後はテラキにぺちぺち貼られたエネでランドクラッシュでまけ。なんか釈然としなかった。


というわけで1勝5敗。新しい武器を手に入れる時一時的に成績が悪くなる的なことをたしか誰かが言っていたのでまあ仕方ないと思いつつ勝てる試合はあったので悔しいですね。


ミニ大会の殿堂はカイリさんにミュウドサイを貸していただいて参加。
よみおくりして山削ってるだけで、二勝。ディアルガに沈黙させられるまでひたすら強かった。


その後はごはん食べながら今後のお話やら昔の大会の話を聞いたりして帰宅。実質12時間くらいポケカ漬な一日でした。満足。
スポンサーサイト

わたしのライコウEX

なにかと活躍できないライコウEXまとめ
ダークラッシュ発売後、人生初のシビビデッキを組んだころから一度も抜かずに使っている愛され系EXのライコウについてまとめておきます。


ライコウさんは雷エネルギーを全トラッシュというとんでもないコストを要求するうえに出せる打点は3エネ100ダメージでトルネロスと同じ。HPもトルネロスと同じ。にげるエネも同じ。
そんな燃費の悪いライコウEXはテラキオンに一撃で沈められるというちょっと使えない子な感じです。

そもそも、雷EXは対処方法がとりあえずテラキ出してエネ1枚貼っておくのが定石なので相手が複雑なダメージ計算する必要が無いというところが少々物足りません。一本道になりやすいのでプレイングミス、というより妥当な回答以外が発生する余地が少ないですね。そこを利用してプレミス誘うという立ち回りを考えない以上は明確に選択肢を与えてしまうので相手としてみたら立ち回りやすいかもしれません。



ライコウEXは条件がそろわなければ場に降臨する機会すら与えられないという一種の伝説感すら漂うカードです。



おそらく運用はシビビデッキに入れてブリッジを投入するのが基本形になるでしょう。
対戦が始まって相手にシビビールデッキとばれると基本的に壮絶なシビビ狩りが始まります。もちろんライコウが活躍するにはシビビが必須です。2体いれば文句なしですが1体もいないとライコウを場に出す気すら起きません。シビビを使わない使用法がないか探してみましたが僕は発見できませんでした。


ということでライコウのために必死でシビビを立てましょう。1体立ってこちらのアタッカーが準備できてきたらサイドを計算しながら2体目を作り始めるというのが理想です。シラスをとるか、こちらのアタッカーに1回多く殴られるか選択を迫ることができれば合格点という感じです。
そうしてシビビが生き残れたらライコウさん降臨への第一段階は突破です。
序盤にライコウを出さざるを得なくなった時はあくまで空気に徹してもらいましょう。にげるコストが軽いこと、シビビを食った方がうまいこともあって相手もそんなに執拗に狙ってきません。(多分)
テラキオンにおびえながら過ごし、(運が良ければ)相手の頭からその存在が消えた頃が活躍の時です。
BWならキャッチャー4枚でた時点で出しておいても損はないと思います。


僕はライコウを後半の詰めのカードとして使います。
ライコウを出す前にまず、相手の場を見渡しましょう。テラキオンがいたら残念!ライコウさんはハイパーボールのコストかアララギ博士と死なばもろともです。
テラキオンがいない。もしくはクラハンやきせきをつかうことでそのリスクが十分ケアでき、かつライコウを使う明確な動きが考えられたらとうとうライコウ降臨、満を持して。


主にやってもらうことは
・ミラーで相手のシビビールをバトル場に縛ってNを打ちつつベンチを倒す。もしくはシビビールを破壊する。
・100点付近の打点がのったEXの処理
です。


前半後半通して活躍できるトルネロスEXで相手に乗せたまま逃げられた100ダメージを最後にとりきることがライコウに課せられた使命。スーパーポケモン回収やまんたんのくすりで回避されてしまうこともありますが、BWレギュだとキャッチャーが枚数通りの数しか使えないのでライコウで疑似キャッチャーと考えると優秀だと思っています。
ちなみに相手のトルネロスEXに対し、ライコウのプラパかみなりのきば+こちらのトルネロスEXのパワーブラストで倒せるのでごくごくたまに使います。2体のEXにエネ貼っているのでやるのは自分が有利な時になりがちなんですが。
ライコウは後半に出すことを想定しているのでテラキオンがいても相手のプラスパワーの残りを考えてまあいけるだろくらいできせきを張って出すのもたまにやってしまいます。怖いですが。
ライコウを出すときは勝利を確信した時、ファイナルターン宣言みたいなものだと思っています。


リスクが大きい上に相手によっては(ダークライとか)完全に腐りますがライコウさんお気に入りです。

デッキレシピ(15) シビビバレットL仕様

最近まで使っていたシビビバレットデッキです。
トルネライコウがスタート地点でしたがずいぶん様変わりしました。

ポケモン 15

ライコウEX(BW4)  1
トルネロスEX(BW4) 1
ゼクロムEX(BKZ)  1
ミュウツーEX(BW3) 2
トルネロス(BW1) 1
ゼクロム(BW1)    1

シビシラス(BW2)   2
シビシラス(BTV)   1
シビビール(BW2)   3

テラキオン(BW2)   2


グッズ 17

しんかのきせき  3
ハイパーボール  3
デュアルボール  2
まんたんのくすり 1
すごいつりざお  1
ポケモン入れ替え 3
ポケモンキャッチャー 4


スタジアム 2
スカイアローブリッジ  2


サポート 13
アララギ博士  4
ベル      3
N       3
オーキド博士  2
ぼうずの修行  1


エネルギー13
雷    6
闘    3
ダブル無色エネルギー  4



あれもこれもといれていくうちにポケモン多めになっています。
シビビが一体でも完成すれば勝率がぐんと上がるので二体同時出しとかをして生き残らせましょう。
ポケモンについてはこの間シビビバレットの中で役割はまとめてしまったので詳細は割愛。
サポートは手札入れ替え系が多いので手札を残したいときのぼうずの修行です。
坊主は雷をトラッシュできることもありますが基本は手札からハイパーボールで捨ててベルで引くことになります。
まんたんのくすりは一ターン無かったことにできるカード。
エネルギーを拾えるシビビデッキとの相性は抜群なのでぜひ欲しい一枚ですね。
入れ替えは三枚です。シビビやテラキオンを縛られることが多いので妥当な枚数だと思います。
持っていないという理由でジャンクアームを入れていませんが、入れるならボール系と入れ替えを削るのがいいかもしれません。好みは出ますが。
プラスパワーがはいっていないのでミュウツー同士の撃ち合いではシビビを使って打点をあげましょう。

2/12 ジムチャレ日記@サニーランドセラビ幸町店

使ってみたいセレビィとBWのデッキを組んでサニランへ



一周目
使用デッキ セレビィトルネロスと愉快な仲間

一回戦 ×5-6シビビールゼクロムサンダース
序盤はサポを引けず展開できないままサイドを3枚先行される。
テラキオンを二体並べて学習装置貼りながら相手のゼクロムEXを狙いにいく。
エネのついたゼクロムを倒していったら相手が止まったけど最後の最後にサンダースで、初手に来てから空気だったサンダーを取られて負け。


二回戦 ○6-3エンペルトテラキオン
初手テラキオンも入れ替えてたちあがりからトルネロスEXでポッチャマを吹き抜け続けることができ、相手のテラキオンも怖くない状態。
順調にサイドを取って終始リードしながら勝てました。


三回戦 ×4-6?橋セレビィトルネ
ミラーと言えばミラー。
序盤相手のサポが来ないで大きく突き放しましたが、後半捨て身のミュウツー+ニコタマ3枚が来る。
当然ミュウツーでーと思いましたがデュアルボールにそっぽを向かれ、サポでも引かず、まさかの押し切られ展開に。正直に言って負けると思わなかった。デュアボへの不信感が再燃しそう。



二周目
使用デッキ セレビィトルネロスと愉快な仲間2
ちょこちょこ仲間を変えてみたりしてデッキをいじってもう一度。

一回戦 ○6-2 シビビといろいろ
初手に登場した相手のレックウザを無視してトルネロスでシラスを倒していく。
事故ってる間に勝てました。

二回戦 ○6-4?シビビゼクロム
内容はちょっと思い出せませんがシビビの基本みたいなデッキでした。序盤からシラスが並んで、初手からトルネEXで殴られ嫌な展開。サンダーさんで応戦しながらこちらのトルネも殴れるようになりテラキオンでゼクロムをけんせいしながら最後はミュウツーでとりあって勝利。

三回戦 ×2-6ダークライ
初手セレビィのみだったものの先攻でトルネEXとテラキを呼ぶことに成功。その後はトルネEXで殴ったりテラキをキャッチャーされたりとくんずほぐれつしてそれなりに戦えていましたがセレビィが落とされてから加速不能。その後はミュウツーで殴ったりトルネEXでなぐったり何とかやられないようにしていましたが負け。
学習装置を入れてましたがダークライ相手にする時はきせきがいいですね。


どちらも圏外。
セレビィトルネの勝率5割でした。セレビィ1枚で我ながら結構適当なデッキだったと思いますがその割に戦えたかなと思います。ただ、ぎりぎりで負ける場面が本当に多かったのでやっぱり勝ちきるためには構築なりプレイングなりが足りてないんだなと思いました。

あとはBWで作ったシビビでフリーをしたりしました。
個人的な感想ではゼクロムEXは今のところ入れなくていいかなと思い始めました。ストロングボルトをうって一撃で倒したい相手が見つからないというのが主な理由です。まあ入っていたら生きる場面もあるのだと思いますがテラキオンを考えたらライコウとゼクロムEXの両方入れるのはリスキーに感じます。


BW楽しかった!終盤のNがほんとに辛いと身にしみて感じた一日でした。
あと、カーニバルに向けてちょっと殿堂の勉強でもしようかと思います。

ポケモンカードゲームバトルカーニバル2012スプリング

公式でようやく春の公式イベント、バトルカーニバル2012の情報が出てきましたね。

http://www.pokemon-card.com/event/card-event/battle_carnival2012/

ただ、わかった情報は

・5~6月の間に仙台・横浜・名古屋・大阪の四都市で行われる。

・WCSの予選を兼ねている。


ということだけですね。
詳細な情報は3月下旬ということでここでレギュが発表でしょう。少なくともBW5後の環境になるのでしょうが、欲を言えば殿堂かBWかL以降か、早く知りたかったです。
個人的にはカードプール増えるわけだしBW以降だとうれしいなーと思ったりしますね。
いずれにしても楽しみです!

シビビバレット(シルバーバレット)デッキとは

世の中にはシビビバレットという言葉があるらしいです。
興味があったので語源をたどってみたところ「シルバーバレット」という考え方があって、これが「特定の状況に応じたカードを複数ピン差ししておき状況に応じて使い分ける」戦略ということです。
シビビバレットというとシビビールを軸としたデッキに何かをピン差しておくのがこのくくりになるのでしょうか。

シビビバレットなのかはわかりませんがシビビデッキというのはいろんなポケモンがピン差しで活躍できるデッキだと思っています。逆にいえばピン差ししたポケモンが活かせるかがこのデッキで勝敗を分けるポイントだと思います。
基本的に役割を仮想してデッキに投入するのですが、僕は以下のようなカードをハイパーボールやデュアルボールで呼んで使うことが多いです。


・トルネロスEX→とりあえずアタッカー
とりあえず起動が早くて100以下のポケモンを葬れるので進化デッキとやるときなんかは序盤に欲しいです。相手にもよりますが、個人的な感覚としては二体目以降は腐りやすい。中盤以降はこいつよりゼクロムが活躍するパターンが多いです。ミラーだとトルネで乗せた100点をライコウで活かせるかが勝負の分かれ目になることが結構あります。


・トルネロス→序盤のばらまきカード
序盤で活躍します。80点与えればきせきなしEXをトルネEXかライコウEXで落とせるのでダメージとしては及第点だと思います。シビビが立てないケースを考えるとエネの使いまわせるカードは重要です。


・テラキオン→対ミラー・ダークライ
ダークライと雷を同時に対策できるカード。腐ることも多いですが入れていないと全く歯が立たなくなることが多いです。初手に来なければまず安心みたいなカード。


・ゼクロム→対トルネロスEX
とりあえずトルネロスに出せばげきりんで牽制できるカード。相手に他のアタッカーかキャッチャーを要求できますね。キャッチャーで退場したら後ろでらいげきの準備をしましょう。ただし序盤に呼ばれると少しきつい。


・ライコウEX→ベンチ狙撃・最後の詰め
こいつの活躍は後半。安易に出すとテラキオンに取られるのでシビビがたたないと出る基本的に出場の機会はないです。トルネロスで100点のせたEXを取りきるのに非常に便利です。後半キャッチャーが切れてもライコウで狩りきれる。また、終盤重たいポケモンをバトル場に出してNを打ってからのベンチ狙撃が強いです。


・ミュウツーEX→対ミュウツー用
ミュウツーゲーに参加するためのカード。シビビだとダイナモニコタマでプラパなしでも手札から倒し返せるので
結構便利です。まあ返しでやられてしまいますが。


・サンダー→対ミラー・ベンチ狙撃用
どこでも50点打てるサンダーが序盤にいるとシラスが完全に死ぬのでミラーマッチに非常に有効なカードです。
テラキトルネが相手だとどっちが出てきても怖くない!


・ゼクロムEX→対EX・地雷処理
必要なエネルギーも逃げるエネルギーも多く、テラキオンに弱いのでできれば入れたくはないカード。
しかしサンダーでのせた50点や打たざるを得なかった30点かたきうちなどのダメージをを回収するのに結構役立ちます。一番はテラキを一撃で落とせるカードだということ。そして有無を言わさない高打点で相手の半端なピン差しをとれるというのがいいところ。


・ボルトロス→雷掘り出し
個人的にはシビビを後ろで育てながらのじゅうでんが結構いいアクションです。
逆に言うとシビビができないとエネルギーが無駄になります。
プラパが無いとトルネEXを一撃で倒せないのが課題。相手の打点に気を付ければエンペを倒すにはもっていこいです。非EXの雷ポケって意外と選択肢が少ないのでトルネを強く意識するなら入れておきたいかなって感じですね。


・ゼブライカ→グッズロック
こいつに期待することは逃げ0と当然グッズロックです。採用する場合レベボを多めに入れてコレクター展開にするなどの工夫が必要かなーと思います。どうしてもデッキスペースを圧迫するので採用しにくいですが序盤にロックがかかると大分有利に立てるので検討くらいはしてもいいと思っています。


・レックウザ→EXの狩人
まだこいつの時代は来ていませんが将来的に竜EXが登場するとお呼びがかかりそうなカードです。現在ではきせきEXを取りきるために採用する感じですね。炎を要求するので構築段階でテラキオンとエネルギーの取り合いになります。



【グッズについて】
グッズというかもちもの。これが結構悩みます。
選択肢はきせき、ゴツメ、学習装置の三つですね。


・しんかのきせき
本命カード。ゼクロムにつけたり雷EXにつけてテラキ対策したりと活躍の場はそれなりにあります。
ゼクロムにつけるとらいげきをうったあとでもトルネEXを一撃耐えるのが素晴らしいです。この差が結構効く時があります。ただ、効果を実感できない場面も多し。


・ゴツゴツメット
使いどころが難しいカード。ゴツメ前提でポケモンを選出する必要があると思います。ゼクロムEXを思う存分活かすならこちらかなといった感じ。ゴツメが無いとゼクロムEXが活躍しにくいというのもまた事実。20点+ストロングボルトで170EXを確殺しましょう。二回のせればゼクロムのらいげき圏内にも入ります。


・学習装置
一見シビビとの相性は悪いような気もするのですがシビビが二体以上たつことはまれなのでエネを無駄なく使えます。採用する一番のメリットはシビビが立たない時の生存率が上がること。エネルギーをくうポケモンが多いのであると心が休まります。キャッチャーされたらしかたない。
後ろのポケモンに学習装置をつけてシビビを育てながらバトル場でボルトロスがじゅうでん。という構えが結構いい感じです。



シビビデッキはこんなイメージで作っていますね。この中から気分で選んでいる感じですが他に何か使えるやつがいたらこっそり教えていただけると嬉しいです。
正直橋セレビィと比べると遅い&スペースの余裕が無いのですがデッキパワーの最大値はシビビの方が高いと思うので雷はまだ戦えるデッキではあると思っています。

2/5 ジムチャレ日記@サニーランドセラビ幸町店

せまる試験に怯えながらジムチャレ参加。留年はしないはず。



一周目はアギルダーロック
ダメージスワップしてアギルダーで回復はうまくねって思って作りましたが。。。


一回戦 × 3-6 ミュウアギルダーラフレシア

まさかアギルダーが被るとは思わなかった。序盤サイドを先行するもグッズロックで後半の展開できず。相手が展開ポケモンを擁していたため展開力に大きく差が大きくついて負け。構築
力が足りませんね。


二回戦 × 1-5 エンペテラキ
コレクター展開。ピィが入っていないことに気付く。あれ?入れ忘れたのかな?でも60枚あるな。みたいな感じでした。展開できず負け。


三回戦 × △ 4-4 悪ビート
ゴチルゼルでロック。ランクルスでダメージスワップという完璧な布陣。
肝心のエネルギーがこないと思ってたらニコタマが二枚サイドに行ってました。時間切れで引き分け。


二周目
いつもの雷。

一回戦 ○ 1-0 サーナイトミュウツー
ミュウツーでラルトスワンキル。


二回戦 ○ 4-2 ダークライ
相手が展開うまくいかず。
テラキオン二体構えてダークライに牽制かけつつ、ゼクロムでも牽制。
らいげきで一体とって、もう一体をかたきうちして倒したところで山切れで勝ち。テラキオン仕事した。


三回戦 × 6-2 シビビダークライ
立ち上がりはまあまあかなーと思っていたらサポは来るがエネがこない。アララギで序盤にキャッチャーを落とし切り、ベル使うためにベンチにたねだしてたらシビビが立てられず、そしてそもそもエネが無いというちぐはぐな展開に。相手のゼクロムEXをテラキオンでとりましたがそれ以外はもうひどい有様でした。なんか途中もう少しやり用があった気がする。


両方圏外。ただ、ベルちゃんを引いたので試合に負けて勝負に勝ったパターンですね。


合間にもフリーで雷使いましたが6-0で負け。まったくサポこない。
あんまり運とかはいいたくないし、今日の事故率50%なのでやっぱり構築見直すべきなのかなと思いました。回ると結構勝てるようにはなってきたから勝率をあげるべくがんばろうとおもいます。
アギルダーはミュウ使わない構築に限界が見えたのでとりあえずいいかな。



ジムチャレ後はミニ大会参加せず勉強のため帰宅。目標は留年しないことです。
そして大会は結局どうなるんですかね。まあ今週中にきそうな雰囲気もあるのでのんびり待ちます。

バトル強化デッキ30 サザンドラ・ガブリアスのカード情報

BW5に続いてバトル強化デッキのカードも公開されました!


【バトル強化デッキのカード】

【サザンドラ 竜 HP150】

悪無無 くいつくす 40
相手のバトルポケモンに与えたダメージの分このポケモンのHPを回復する。

超悪無無 デストロイビーム 90
コインを一枚投げて表なら相手のバトルポケモンについているエネルギーを一枚選びトラッシュする。

弱点 竜×2
にげる-3



BWのサザンドラの方が強いですねー
サザンドラ使うなら拡張パックで!(公式も言ってたし)


【ガブリアス 竜 HP140】

無 ジェットヘッド 40

水闘無 すなじごく 80
次の相手の番、このワザをうけた相手のバトルポケモンは逃げられない。

弱点 竜×2
にげる-


にげるコストがいらないのはちょっといいなって思いますけど、こちらも拡張の方が強いですね。
どちらもあんまり強くないですね。強力カードが構築済みででなくてよかったと思うところなんでしょうか。


【ロズレイド 草 HP90】

特性 ル・パフューム
この特性はこのカードを自分の手札からだして進化させたときに一回使える。自分の山札から好きなカードを一枚選び手札に加える。そして山札を切る。

草無 しめあげる 30+
コインを一枚投げ、オモテなら20ダメージを追加し、相手のバトルポケモンをマヒにする。

弱点 炎×2 抵抗 水-20
にげる-1


サザンガブが弱いからいらないかなーなんて思っていたらこれは強い。わざもそれなりなのでバトル場に出ても全く戦えないわけではないってのもいいですね。




【ガバイト 竜 HP80】

特性 ドラゴンコール
自分の山札から竜ポケモンを一枚選び相手に見せてから手札に加える。その後山札を切る。この特性は自分の番に一回使える。

水闘 リューノスライス 20

弱点 竜×2
にげる-1


竜のサポートできるカード。
ガブリアスがいまいちなのが惜しいですが山札からサーチできるのは強いですねー



面白いカード出てきましたね。
BW5とバトル強化デッキで大幅に環境が変わりそうです。
これからも新弾情報を待ちながら公式イベントを待とうと思います。

BW5(リューズブラスト・リューノブレード)のカード情報

三月発売の新弾・リューズブラストとリューノブレードのカードとバトル強化デッキの情報がでてきました!
長いので二回に分けようと思います。



【BW5のカード】


【サザンドラ 竜 HP150】

特性 ダークトランス
自分のポケモンについている悪エネルギーを自分の他のポケモンに付け替える。この特性は自分の番に何回でも使える。


超悪悪無 リューズブラスト 140
このポケモンについている悪エネルギーを2枚選び、トラッシュする。

弱点 竜×2
にげる-3


このスペックはドラゴンというより悪に有望なカードが出てきたというか。ギギギがいらなくなりますね。
悪がさらに強化しそうです。





【ガブリアス 竜 HP140】

闘 おんそくぎり 60
相手のバトルポケモンについている特殊エネルギーを1枚選びトラッシュする。

闘水 リューノブレード 100
自分の山札を上から2枚トラッシュする。

弱点 竜×2
にげる-1  


サザンドラに比べ見劣りする印象。ちょっと弱いかなーと思ってしまいます。



【チルタリス 竜 HP70】

特性 たたかいのうた 
このポケモンがいる限り、自分の竜ポケモンが使う技の相手のバトルポケモンへのダメージは+20される。

水鋼無 かっくう 40

弱点 竜×2
にげる-1


置物効果ですね。なかなか強そう?




【グッズ】

【退化スプレー】
自分の進化ポケモンのカードを一枚手札に戻せる。


テキスト細かくて頑張れなかったけど要するにこういうことのようです。




ちなみに箱買いのキャンペーンカードはキュウコン
【キュウコン 炎 HP90】

特性 かがやくまなざし
この特性はこのカードを手札から出して進化させたときに一回使える。相手のベンチポケモンを選び、相手のバトルポケモンと入れ替える。

炎 たたりび 20+
相手のバトルポケモンにかかっている状態異常の数×?のダメージを追加。


ダメージまでは分かりませんでしたがリーフィア再来の効果ですね。果たして打点がどこまで伸びるか。




結構情報出てきましたね。実用的な、コンボむきな、カードが増えてきたなーと思います。
プロフィール

風車

Author:風車
座右の銘は「楽しく厳しくいやらしく」

twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
カウンタ
 
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。