スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/27 ジムチャレンジ日記

今日はジムチャレンジにはいけなかったのですが、終わったころに顔を出してみたら常連の方に遊んでもらえました。

使用デッキ リーフィア・モロバレルデッキ

一回戦 × 4?-6 ヤンマバニキュレム
序盤エネルギーを引けず、相手を状態異常にしてとどめるだけで精一杯。エネ引いてリーフィアでわざをだせるようになってからは調子が良かったが、後半モロバレルがベンチに三体あまり、いつキャッチャーされるかびくびくしながらのゲームに。回収かけるも成功せず。状態異常にする手段がつきて失速しているうちに倒されました。


二回戦 ○ 6-4 サナムシャミュウツー
一回戦同様エネルギーが手札に来ない。相手のミュウツーにタマゲタケをキャッチャーされていたらやばかったけれど、どうやら相手のミスで無事おおきなきのこになることができ、テンポがつかめました。
終始リードできたゲーム。

三回戦 × 3-6 セレビィミュウツー
キャッチャーされてはエックスボールでキノコが生えない展開に。
またしてもエネルギーがこなくてわざが出せませんでした。
バトル場のリーフィアが倒された後、後続を育てることができなかった。


三回戦 × 0-6 レシラムドレディアツーテラキ
なんだかすごくプレイングが上手な感じの方でした。(プレイングの良しあしが分からない)
モロバレルを引きずり出されてレシラムとミュウツーのエネがつく。
完封でした。


ミュウツーコバルオンもつかってみました。

◯ 6ー4?
相手:グラードンレジロック
グラードンでマイターン100ダメを出してくるデッキでした。くるくる回ってみていて面白かった。
わざのあとエネをトラッシュするカードはやはりミュウツーでは相性が悪いなぁと思いました。
コバルオンでわざを封じながら勝てました。


今日は本当に楽しかった。
反省点としては
・リーフィアはデントいれるべきか
・モロバレルを回収する方法についてスーパー回収以外を検討
・逃げられることが多いのでベンチ狙撃できるポケを検討
といったところでしょうか。

勉強になったので、またデッキを組み直してみようと思います。いろんなデッキが使ってみたくて、沢山作ってしまうけど、ある程度は同じデッキをしっかりチューンナップしながらプレイングの練習したほうが強くなるのではないかと思いました。悩みます。
来週はポケモンセンタートーホクにいくので、いく時間があるかわかりませんが、行きたいなぁ。
スポンサーサイト

ワルビアル(PROMO)日陰のカード考察(5)

最近個人的ブームの、エネルギーをトラッシュさせる効果を持つカードをかんがえていたら、このカードをみつけました。
基本的に考察・デッキレシピ全般は想像と一人まわしで考えている部分が多いので実際にうまくまわるものではないかもしれません。




ワルビアル HP140 闘

特性 ブラックアイズ
コインを一回投げ、オモテなら相手のバトルポケモンについているエネルギーを一個選び、トラッシュする。
この特性は、このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。

闘闘無  あばれる   70+
コインを一回投げオモテなら20ダメージを追加。ウラならこのポケモンにも20ダメージ

弱点 水×2 抵抗力 雷-20
にげる-3




ジムチャレンジでもらえるパックに入っているプロモーションカードのワルビアルです。
ブラックアイズは特性で相手のエネルギーをトラッシュする効果を持っています。
ワルビアルがバトル場にいる必要があるのですこしシステムを考える必要があります。

〈運用〉
同じくエネルギートラッシュができるアギルダーはにげるエネルギーが必要ないので、

1.アシッドボム
2.次の自分の番、アギルダーがにげてブラックアイズ
3.いれかえで再びアギルダーのアシッドボム

ができると期待値的には二ターンで1.5枚のエネルギーが葬れるわけですね。
ただ、わざをうって相手に圧力をかけながら妨害ができるのが特性である利点なので、ダメージを与えておきたい気もします。どちらがいいのかはあいての状況にもよりますが、基本的にはエネルギーは二枚落とせれば次の番、相手がわざをつかうことができなくなる。という考え方で。あとはコイン運次第ですね。

〈出ていく相手〉
基本的にはエネルギーがつけおわったバトルポケモンに対して出ていくということになるでしょう。
当然一エネ起動の相手とは相性が悪いので仮想敵はEX全般です。
自分のメインアタッカーでは相性が悪い、準備ができてないなどの時にこいつをつかえればと。

アギルダーと組むほかには、低エネサブアタッカーのポケモンと組んで、相手のベンチポケモンにエネルギーを回せない状況にしながら、メインアタッカーが相手のEXを後出し確定一発できるようにダメージを調整して、1:1交換を狙うとかでしょうか。


なんとかして毎ターン特性を使えるシステムを作ってみたいところです。
ダークライEXの登場で使いやすくなるか?といった気持です。


カード考察でエネルギートラッシュを考えるのは五回中三回と明らかに趣味が出ていますね。

デッキレシピ(8)腫れものデッキ+ジャローダランクルス

攻撃を受けたときに相手にダメージを与えるポケモンをランクルスでダメージ回復しながら使えたらいいなーというのが本来のコンセプトです。



〈ポケモン〉19

ユニラン(BW1)  2
ダブラン(BW1)  1
ランクルス(BW1) 2

ツタージャ(BW1)2
ジャノビー(BW1)1
ジャローダ(BW1)2

クリムガン(BW2) 2

リオル(BW3)   2
ルカリオ(BW3)  2


グラードンEX(BW3) 2

テラキオン(BW2)  1

<グッズ>16

ランダムレシーバー 2
ハイパーボール   2
ポケモン入れ替え  2
デュアルボール   1
ポケモンキャッチャー2
ゴツゴツメット   1
まんたんのくすり  2
ポケモン通信    1
ふしぎなあめ    3
 
〈サポーター〉11

アララギ博士    2
オーキド博士の新理論2
ベル        1
ウツギ博士の育て方 2
N          2
ものまねむすめ   1
デント       1


エネルギー 14

闘     10
レインボー 4


序盤、クリムガン・ルカリオをたてにしながらベンチでジャローダ・ランクルスを育てるというところです。
序盤の時間稼ぎ用にしぼりとるが強力なジャノビーをもう一枚加えようと思いましたがとりあえずこの枚数です。
グラードンはゴツゴツメットなどのあいてにダメカンをのせる効果と相性がいいのではないかと思います。ルカリオでベンチにダメカンをばらまくことができるとさらにつなげやすいと思います。
エネルギーが重たく加速要員もないところが懸念点です。
まわしたところあまりルカリオの出番がなかったのでテラキオンとサポートをいれるか、カバルドンに変えるというのもありかもしれません。
その場合はヘビーボールも候補にあがってくるかと思います。

ゴチミル(PROMO)日陰のカード考察(4)

今回考察するのはポケモンキッズのゴチミルです。





ゴチミル HP80 超

超 デリートアイ
コインを一回投げオモテなら相手のポケモンについているエネルギーを一個選びトラッシュする。 

超無無 ちょうねんりき 50

弱点 超×2

にげる-1




ゴチムから進化するあやつりポケモン。

このカードの特徴はやはりデリートアイでしょう。
超エネ指定でダメージなしという点だけではアギルダーのアシッドボムの下位互換でしかありませんが、デリートアイはエネトラッシュの対象が「相手のポケモン」になっています。積極的にデリートアイを使うならこの対象の違いをうまく使いたいところ。
相手の壁ポケモンを無視してベンチを狙撃できるのでお互い時間の稼ぎあいになったら役に立つかと思われます。

エネルギーのついてないポケモンをキャッチャーしてエネルギーのついているベンチポケモンのエネルギーをデリーとする運用が一番でしょうか。

しかし、やはりこのカードを妨害専門でいれるのは非現実的&使い勝手はアギルダーが上なのでゴチルゼルへの進化を考えたいところ。


ゴチルゼルへの進化を考えると、BW1のゴチミルは二エネで確実にこんらんできるという点で優秀です。
最大打点はちょうねんりきのあるPROMOに軍配が上がります。
相手のエネルギーがそろっていない時にはPROMOで妨害、完成していたらこんらんで妨害という形が理想でしょうか。


PROMOなので比較的手に入れにくいですが、ドレディアよりはあるとおもわれるので、見つけたら手に入れてみてはどうでしょうか。

デッキレシピ(7)コバルツンベアー

今回はワザを受けたバトルポケモンが技を使えなくなる効果を持ったカードを中心にデッキを組んでみました。

コバルオンとツンベアーはツンベアーでコバルオンの苦手とする炎とたたかえるので二枚の相性はいいのではないかと思います。


〈ポケモン〉12
コバルオン(BW2)  4

クマシュン(BW1)  2
ツンベアー(BW1)  2

フリーザー(BW3) 1

レジギガスEX(BW3) 2

キュレム(BW2)   1

<グッズ>19

ランダムレシーバー 2
エネルギー付け替え 2
ハイパーボール   2
ポケモン入れ替え  4
すごいつりざお   1
デュアルボール   3
プラスパワー    1
ディフェンダー   1
ポケモンキャッチャー1
ヘビーボール    1
リサイクル     1

 
〈サポーター〉11

アララギ博士    3
オーキド博士の新理論2
ベル        1
チェレン      1
N          1
ジャッジマン    2
エンジニアの調製  1


エネルギー 18
ダブル無色 4
水   7
鋼   4
特殊鋼 3



コバルオン・ツンベアーで相手を行動不能にして戦います。
入れ替えにげるでわざを使ってくることもありますが、ダメージを負った相手がベンチに下がることが多いと考えられるのでキュレムでベンチをついげきしましょう。
ここでカイオーガも候補にあがるのですが、今回はEXのリスクの重さが気になったので見合わせました。
キュレムというより、レジギガスとの枠の取り合いになると思われます。

〈レジギガスの採用について〉
どうしても全体的に打点が不足してしまうので、相手をけずりきれない時にはレジギガスで相手を倒していきたいということがあります。
コバルオン、ツンベアーはターゲットとなるポケモンに後だししたい、レジギガスは相手のわざを受けてから大打点で返り討ちにしたい、というカードなので、わざで相手を倒せそうならレジギガスできぜつさせるという形が理想です。

状況によって使いたいポケモンが変わるので、エネルギー付け替えとポケモン入れ替えでバトルポケモンを変えながら戦いましょう。

デメリットとしては、入っているポケモンのほとんどが3エネの技をメインにして戦うことを想定しているので序盤にうまく展開できないとどうしてもきつくなってしまうことがあります。


すこし重いですがハマったら強いのではないかと思います。

デッキレシピ(6)レシラムEX~アギルダーを添えて~

レシラムEXのデッキをいじりました。
レシラムというよりはアギルダーを活かせないかの実験中です。


〈ポケモン〉14
レシラムEX(BKR)  2
ミュウツーEX(BW3) 1

チュリネ(BW3)   2
ドレディア(PROMO) 2

チョボマキ(BW2) 2
アギルダー(BW2)  2

トルネロス(BW1)  1

ビクティニ(BW2)  2


<グッズ>16

ランダムレシーバー 2
エネルギー付け替え 1
ハイパーボール   2
ポケモン入れ替え  2
ポケモンキャッチャー4
すごいつりざお   1
デュアルボール   2
学習装置      1
ゴツゴツメット   1

 
〈サポーター〉13

アララギ博士    3
ポケモンコレクター 2
オーキド博士の新理論2
デント       1
ベル        1
チェレン      1
N          3


エネルギー 17
ダブル無色 4
炎   10
草   3


アギルダーでエネトラッシュ、ドレディアで状態異常にして、相手の行動を制限しながらレシラムを育てていこうというコンセプトです。アギルダーは無色一個でアシッドボムが使えるのでいろんなタイプに組み込むことができるような気がしています。
前線で活躍した後は逃げエネ0を活かして後続につなぎやすいのもこのカードを使うメリットです。


シビビールがいるとアギルダーだけでは少々きついのでそのためにドレディアも用意しています。
ミュウツーによって低エネ起動のポケモンも使用が増えそうなのでそんな相手は相性が悪いです。
あとはクラッシュハンマーを四積みしてみてもいいと思います。もっていないので試していませんが、相手のエネルギーを二枚はがすことができればエネルギーレースではだいぶ有利になりますね。

ドリュウズ 日陰のカード考察(3)

今日は東京でバトルカーニバルが行われています。
ちょうど今頃決勝でしょうか?
今回はこのカードを考えていきます。



ちていポケモンのドリュウズです。

ドリュウズ HP110 闘

無 メタルクロー 30

闘闘闘 ドリルライナー 80
相手のバトルポケモンについているエネルギーを1個選び、トラッシュする。


弱点 水×2 抵抗力 雷-20
にげる -2


ゲームでは地面・鋼のドリュウズ、BW1では闘タイプで登場です。

このカードを使うならばやはりドリルライナーを使いたいところ。


エネが闘3つと重いですが、準備が整えば相手のエネルギーを無条件にトラッシュすることができます。
打点もやや物足りないものの、合格点でしょう。


立ち回りとしては成長途中の相手のベンチポケモンをキャッチャーで呼んでエネルギーを剥がすといったところでしょうか。
もちろん一撃では倒せないほどのHPを持った相手に対して有効な方法です。



EX御用達のダブル無色エネルギーをはじめとする、回収の難しい特殊エネルギーをトラッシュできれば、おおきなアドバンテージになります。

クラッシュハンマーと組み合わせるのもよいでしょう。


懸念点のエネルギーについては、エネルギー付け替え、カバルドンのサンドバズーカやトルネロスを使うことで、起動を早めることができます。


相手の計算を狂わせるのが醍醐味なので奇襲の意味を込めて進化と同時に使いたいところです。


これでゼクロム狩りを考えてみてはいかがでしょうか!

ゼブライカ 日陰のカード考察(2)

今回のカードはあまり日陰でもないかもしれません。明日のカーニバルにはでてくるでしょうか?



ゼブライカ HP90 雷


雷無 でんじしょうがい 40
次の相手の番、相手は手札からグッズをだして使えない。


雷雷無 かみなりおとし
このカードについている雷エネルギーを全てトラッシュし、相手のポケモン一匹に80ダメージ


弱点 闘×2
にげる0



BW3のゼブライカです。

シママから進化するらいでんポケモン。

このカードのもつわざ、「でんじしょうがい」は相手のグッズを封じることができます。
BW環境ではゴチルゼルと並んで、貴重なグッズロック要員です。

ゴチルゼルとの大きな違いは一進化ですむところでしょう。技を出さなければロックできませんが、ゴチルゼルもバトル場にいる必要があるため、大きな違いはないでしょう。

また、特性などでゼブライカがバトル場を離れたり、気絶したりしても、そのターン中はグッズを使えないこともメリットです。



ポケモンキャッチャーの飛び交う現状に一石を投じたい人は、使ってみるのも面白いのではないでしょうか。

コジョンド 日陰のカード考察(1)

今回は日が当たりそうで当たらない。
少し控えめなポケモンを考えていきます。

今回はこちら



ゴジョンド HP90 闘

無 たぐりよせる
自分の山札からポケモンのどうぐを二枚選び、相手に見せてから手札に加える。その後山札を切る。

闘無 ヨガのポーズ 30+
相手のバトルポケモンにのっているダメカンの数×10ダメージを追加。


BWシリーズから登場したぶじゅつポケモン。コジョンドです。



このポケモンの持っている「たぐりよせる」はポケモンのどうぐをサーチすることのできる珍しい効果になっています。
ゴツゴツメット、学習装置、しんかのきせきをとってくることができます。


ただ、四積みしておけば、わざわざ進化ポケモンであるコジョンドを立ててまでサーチするほどでは無いというのが現実でしょうか。二枚ひけるということが強みなので、

テラキオン二体に学習装置をつけて、かたきうちでゼクロムEXを狩りにいくのもいいかもしれません。

ちなみにコジョンド本人も40ダメがのっているゼクロムEXを一撃で落とせます。(きせきならプラパで)
打点不足でも、うまくコジョンドにつなげることができれば、意外な伏兵として活躍出来るかもしれません。


今後、強力などうぐが追加されることで複数のどうぐでのコンボなどが生まれれば、コジョンドが日の目を見ることもあるかもしれませんね。

ポケモンカードゲームの思い出

前回、おすすめ商品をまとめていて、ポケモンカードの商品もだいぶしっかりしてきたなあと実感して、昔のことを思い出したので思い出話を。



僕が小学生のころ親に買ってもらった初めてのデッキは本当に一番最初のスターターデッキで、これには確かエネルギーが各五枚と、進化前と後が一枚ずつくらいしか入ってなく、スターターといいながらこれ一つでは遊ぶのが難しいものだった記憶があります。(そのせいでカードは集めるけど遊ぶのはもっぱらゲームボーイのポケモンカードでした。)
しかもスターターがこれひとつでしかも内容がランダム。エネルギーもスターターにしか入っていませんでした。
と、少年時代の愚痴を言えばきりがないですがそれでもかなり楽しんでいた気がします。


初代のポケモンカードもジムリーダーデッキが出てきた辺りからゲームバランスもしっかりしてきたように思います。
確かマチスのとカスミのやつを持っていたような。友達と交換したりして混ざっていたのでちゃんと覚えていません。


復帰してみて驚いたのは今のスターターの豊富さとすぐ遊べる仕様でしたから。
今はしっかり進化の枚数もエネルギーの枚数も実戦向きのモノで、ほんとうにスターターとして使えるものになっていて、うれしく思うと同時に、いまの子供が少しうらやましく思いました。



このあいだ初めてジムチャレンジに行った時もたくさんの少年少女がポケモンカードをやっていて、少し感動しました。なんだかあの頃自分が一生懸命デッキを考えていたように今の子供も同じゲームをしているのだと思うと少し不思議な気持ちになります。
小学生の子にもたくさん負けたし、みんな強い!


子供ができたら一緒にポケモンカードで遊べるくらい、ずっとポケモンが続いていくといいなあと思います。

ポケモンカードゲームをBWから始める人に

今回はポケモンカードゲームを始める人に自信を持ってお勧めできる商品をまとめようと思います。
いろんなブログやサイトでもやっていることですが、初めて一カ月の初心者目線で書けるうちに書いてみようというのが今回の目標です。

始める人の目指すところによって、お勧めできるものが変わってくると思いますので対象をすこしわけてみます。





【1.ポケモンをBWまでやっていて、とにかくポケモンで遊んでみたい!人】


これは、はじめてセットかバトル強化デッキ60レシラム・ゼクロムでしょう。
というよりBWのデッキとしては他にレパートリーも出ていないのでほとんど選択の余地はありません。

御三家含む進化を楽しみたいならはじめてセットにホワイトコレクション・ブラックコレクションで進化形のカードを集めると、ポカブ・ミジュマル・ツタージャの御三家を楽しむことができます。


とにかく強いEXと便利なサポートならバトル強化デッキ60です。おそらくBWで一番お勧めできるのはこの商品だと思います。
これで戦略性を考えたデッキを目指すなら、レシラムはホワイトコレクションでエンブオーの進化系列、ゼクロムならレッドコレクションでシビビールをそろえるのが今のトレンドでしょうか。うまく回ればグッと使いやすくなります。


他にコバルオン・テラキオン・ビリジオンの30枚デッキがありますが、ハーフデッキで進化の楽しさもあまり味わえないのでこの三体が特別好きでないなら個人的にはあまりおすすめしません。






【2.なつかしさからポケモンカードをやってみるひと】

僕がこれに当てはまりました。
とにかくミュウツー大好きな人は「サイコドライブ」を買えばOK。今全てのデッキに入っているといっても過言ではない強くてかっこいいミュウツーが入っています。

それ以外の人は↓を読んでください。

もし、BWのポケモンを全くわからなくて金銀位までのポケモンを使ってみたいならLEGENDシリーズがおススメになります。

BWシリーズ以降しか使えないところの大会では使えないこともあったりしますが、ジムチャレンジではまだ使えるところが多数なので、持ってて損はありません。バクフーンなんかはいまだにレシラムとのシナジーで活躍が可能です。

「ハートゴールドコレクション」か「ソウルシルバーコレクション」「よみがえる伝説」には金銀のポケモン
「頂上大激突」にはダイヤモンド・プラチナやルビーサファイアのポケモン

がメインではいっているのでこれを買ってから使いたいポケモンを決めるとよいでしょう。


エネルギーとサポート集めには

炎・水なら前述の「バトル強化デッキレシラム」
電気・草なら同じく「バトル強化デッキゼクロム」

悪・鋼ならLEGENDの構築済み60枚デッキの「ハガネール鋼」「バンギラス悪」です。
この二つは悩んだら強いハッサムの入っている鋼がおススメです。


おそらくこれからBWシリーズでも金銀のポケモンがどんどんでてくるので楽しみに待ちましょう。





【3.とにかく強いデッキを作りたい人】

どこまでもカードを使えるスタンダードなのか、にもよりますが
やはりおススメは

「バトル強化デッキ60レシラム」
「バトル強化デッキ60ゼクロム」

です。とにかく強いポケモンEXとデッキに必要なサポーター、無色ダブルエネルギーがそろいます。
後はコバル・ビリジ・テラキのうちから一つかっておけばベルとポケモンキャッチャーが手に入ります。

あとは拡張パックのサイコドライブでミュウツーEX・レッドコレクションでしんかのきせきを手に入れることができれば今のデッキに共通して入っている必須カードはほとんど手に入れることができるのではないでしょうか。

手に入れば「リーフィアVSメタグロス」もおすすめです。
これに入っているふしぎなあめはBWで再録される可能性大なので手に入れる手間が省けます。





あんまりまとまらなかった。。。
まあこのブログを見る人は他のブログなんかでもっとしっかりとした初心者入門見ていると思うので、あまり役に立たないかもしれません。

この評価はすべて僕の主観なので参考程度に。
結局丸投げのようになりますが、公式でカードリストが載っているので好きなポケモンを探してみて、そのポケモンが手に入る商品を買ってみるのもおすすめです。

個人的な一番お勧めは「リーフィアVSメタグロス」がおすすめです。今なら低価格(1000円くらい)で60枚のデッキが二つ手に入るのでこれ一つ買うだけで対戦ができます。一つ古いレギュレーションの商品なので、ジムチャレンジにでるときは使えるカードの確認が必要ですが。


デッキレシピ(5)リーフィアロズバレル

リーフィアVSメタグロスに入っているリーフィアを使ったデッキです。
メインのポケモンは同じくリーフィアで基本戦術も変わりませんが、モロバレルを入れてさらに技を出しやすくしてみました。



モロバレル 一進化 草 HP90

〈特性〉 でたとこほうし
この特性はこのカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。相手のバトルポケモンをどくとこんらんにする。

草無 つきあげる     20+
コインを1回投げ表なら30ダメージを追加

弱点:炎 抵抗力:水
逃げるコスト 2




出すだけで相手を状態異常にできるため、リーフィアとの相性は非常にいいです。使った跡は置物になりやすいだけにスーパーポケモン回収で回収できるとなおよし。


〈ポケモン〉21
イーブイ(E)  4
リーフィア(E) 4

ロゼリア(E)  2
ロズレイド(E) 2

ビリジオン(BW2) 1

タマゲタケ(BW3) 3
モロバレル(BW3) 3

シェイミ(E)  1

キュレムEX  1

<グッズ>15

ランダムレシーバー 1
ハイパーボール   2
ポケモン入れ替え  3
スーパーボール   1
ポケモンキャッチャー1
レベルボール    2
すごいつりざお   1
デュアルボール   2
スーパーポケモン回収2

 
〈サポーター〉11

アララギ博士    3
オーキド博士の新理論1
N          1
ウツギ博士     3
チェレン      2
ジャッジマン    1
ベル        1

エネルギー 15
草   8
水   3
レインボーエネルギー 4


キュレムは炎狩りにいれています。
炎に後だしキュレムシェイミでキュレムにエネ付け替えて速攻なイメージ
うまく回れば2ターン目からでも100打点をたたき出せる速攻が持ち味です。


基本戦術がわかりやすく、使いやすいのは非常に高得点。
始めたばかりの初心者目線ですが、たねが多く、ミュウツーのようなエネの重い相手に強いカードがはやっている現環境だと、低いエネで状態以上というのは意外と刺さるのではないかと思います。

毒混乱からのしょうきのかぜはエネ1で打点110なので対ミュウツーを見込めると思います。


タマゲタケとイーブイはエックスボールワンキルが怖いです。

ちなみにもってないので入れてませんが、キュレムビリジオン以外レベルボールでサーチできるのでハイパーボールよりはレベルボールがよいと思われます。


一見じわじわせめる非常にいやらしいデッキに感じますが、コンセプトはしょうきのかぜで速殺なので友達との関係も良好に保てるのも良ポイントですね!

リーフィアVSメタグロス

ヨドバシでリーフィアVSメタグロスをゲットしました。飴ちゃんゲットだぜ!
それとバトル強化ゼクロムも買ってきてサポートも充実したのでようやく不自由なくデッキが二・三個組めるかなって感じになってきました。
レシゼク両方買えばアララギNがかなり手に入るのがうれしいですね。

とりあえず飴ちゃんを使った2進化中心と、レシラム、ゼクロム、リーフィア、あと四枚目のコバルオン手に入ったのでそのあたりのデッキを組んでみようかと思います。こうなるとギギギも欲しい。

たのしみたのしみ

デッキレシピ(4)サナツームシャMAX

ミュウツーサーナイトヒヒダルマムシャーナなんて統一感があっていいじゃない。
と思いエスパーデッキを作りました。


〈ポケモン〉21
ミュウツーEX(BW3)3

ラルトス(BW3) 2
キルリア(BW3) 2
サーナイト(BW3)2

ダルマッカ(BW3) 3
ヒヒダルマ(BW3) 3

ムンナ(BW1) 3
ムシャーナ(BW3) 3



<グッズ>11
すごいつりざお  1
エネルギー回収  1
ハイパーボール  2
ポケモン入れ替え 3
ポケモンキャッチャー 3
しんかのきせき 1

 
〈サポーター〉13

アララギ博士3
ウツギ博士の育て方 2
チェレン 2
オーキド博士の新理論 2
N 2
ベル 2


エネルギー15
ダブル無色  4
超      11

11/13 ジムチャレンジ日記

11/13
ジムチャレに行ってきました。
初参加だったのですが、ここのジムチャレは県内ではレベルが高いのだそうで、みなさん強かった。


使用デッキはレシラムとプロモドレディアデッキです。
一周目

○ 6-1
あいてはシビゼクでしたが、事故っている間にブレイブファイヤー連発できて勝ち。
エネルギーが来ないようだったので助かりました。

○ 6-3
キュレムとメガヤンマを確認。エネ付けられなかったり、手札合わなかったりしてインサイトが活かせないでいる間に場をそろえさせていただきました。

○ 1-0
開始ミュウツーニコタマエックスボールでワンキルでした。
申し訳なくなった。


ということで三位に入賞させていただきました。運が良かった。
これがビギナーズラックであることの裏付けに二週目は三戦全敗

詳細は忘れたけどサーナイトミュウツームンナ、コバルオンミュウツー、ミュウツートルネ
って感じだったかな。

レシラムがコバルオンにアイアンブレイクされまくって手も足も出ませんでした。

終わった後のフリーバトルにも参加させていただきました。相手の詳細は忘れましたがサイドを一枚も取れず負けました。


今日はミュウツーの使い方なんか教えていただいて勉強になりました。あとレシラムミュウツー積んでたらニコタマは4積みが安定する気がしました。
個人的にはサナムシャダルマツーがすごく組んでみたいので今度はこれと、ミュウツーメタを意識してコバルオンハッサムを使ってみたいと思います。
あとはジャンクアームとしんかのきせきってやっぱり必須カードなんだなと。しんかのきせきはともかくジャンクは今から集めるか悩んでいます。


すごく楽しかったので時間を見つけてまた行きたいと思います。

デッキレシピ(3)サナツーダルマ(ハーフ)

ハーフデッキです。
一応作ってみましたが、勝手がわからないのでいまいちデッキの組み方もわかっていません。


〈ポケモン〉11
ミュウツーEX(BW3)2

ラルトス(BW3) 2
キルリア(BW3) 2
サーナイト(BW3)1

ダルマッカ(BW3) 2
ヒヒダルマ(BW3) 2

<グッズ>7

スーパーボール  2
ポケモン入れ替え 2
なんでもなおし  1
モーモーミルク  2
 
〈サポーター〉4

オーキド博士の新理論1
ウツギ博士の育て方 1
チェレン 2

エネルギー8
ダブル無色  2
超      6

とにかくだるまかミュウツーを立ててぶっぱという脳筋デッキ。
サーナイトを立てる速さがカギかな。
ハーフは全然やったことがないのですこし要領が分からない。
回復系はだるまにエネルギーまわすぶんなかなか倒れてほしくない&マヒで止まってほしくないという思いの表れです。コイントスの練習しとかないと。
ハーフでウツギ博士は果たしてどのくらいの効果があるのかまだわからない。スーパーボールで3分の1はめくれちゃうし。

デッキレシピ(2)レシラムEXデッキ

〈ポケモン〉15
レシラムEX(BKR)  2
ミュウツーEX(BW3) 1

チュリネ(BW3)   2
ドレディア(PROMO) 2
ビリジオン(BW2)  1

メラルバ(BW2)  2
メラルバ(BKR)  1
ウルガモス(BW2) 2

ファイヤー(BW3) 1

ビクティニ(BW2) 1

<グッズ>10

ランダムレシーバー 2
エネルギー付け替え 2
ハイパーボール   2
ポケモン入れ替え  4
スーパーボール   2
ポケモンキャッチャー3
プラスパワー    1
ディフェンダー   1
学習装置      1
 
〈サポーター〉10

アララギ博士    2
ポケモンコレクター 2
オーキド博士の新理論1
デント       1
ベル        2
N          2


エネルギー 17
ダブル無色 2
炎   11
草   4

まわしてて思ったけれどエネルギー付け替えは速攻になかなか便利だね。
ベンチのレシラムが完成して使用済みになったポケモンとか、ダブルドローの役割を終えたビリジオンを下げるときに使える。
あとはレシラムが降臨しないと火力不足が否めないのでもっとレシラム引けるようにアララギ四積みがいいかもしれない。
ドレディアはあくまで足止め程度に。ビクティニもう一枚くらい入れないとコイントスが安定しないか。

まだまだ改良の余地がありそうです。明日の初ジムチャレンジはこのデッキか、もう一個作ったグラードンで行こうかな。

デッキレシピ(1) レジジャロクルス

レジギガスのSRを三枚もひいたのでこれも縁かと思い作ってみました。
大好きなランクルスを使いたかったというのもあります。

〈ポケモン〉20
レジギガスEX(BW3)2

ツタージャ(BW1) 3
ジャノビー(BW1) 2
ジャローダ(BW1) 2

ユニラン(BW3)  2
ダブラン(BW3)  2
ランクルス(BW1) 2

コバルオン(BW2) 2

ストライク(L2) 2
ハッサムGr(L2) 1

<グッズ>10

リサイクル  1
レベルボール 1
ポケモン通信 1
エネルギー回収1
ランダムレシーバー 2
エネルギー付け替え 1
ハイパーボール 2
ポケモン入れ替え 1
 
〈サポーター〉 9

アララギ博士 2
ポケモンコレクター 1
オーキド博士の新理論1
ウツギ博士の育て方 2
チェレン 2
フラワーショップのお姉さん 1

〈スタジアム〉1
スカイアローブリッジ

エネルギー 20
ダブル無色 2
鋼   9
特殊鋼 3
草   6


とりあえず基本に忠実な配分で。
ランクルスとジャローダを立ててダメージを散らして回復しつつレジギガスで相手のバトルポケモンを倒す流れ
スカイアローは前半を任せるであろうコバルオン・先発せざるを得なくなったユニランの逃げるサポートに使いたくて入れましたが、実際まわしてみたところあまり使いどころないかもしれません。ハッサムはレシラムEXゼクロムEX・ミュウツーEXを中心に無色ダブルエネルギ―を使った速攻つぶしに。
レギュL以降なら飴ちゃんも入れたいしもっとカードがないと満足にデッキが組めないなあ。

うまく回るとダメージが回復してレイジングハンマーの打点が上がりきれないというジレンマに陥るので長期戦にもなりやすいかも。
ジャロは草弱点もち闘に出ていけるのがいいなあ。
ともかく対戦したいよ対戦。
プロフィール

風車

Author:風車
座右の銘は「楽しく厳しくいやらしく」

twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
カウンタ
 
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。