スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BW5ポケモンカード考察(リューノブレード・リューズブラスト)

眠れないのでひまつぶしBW5のカード考察です。
発売直後に感想を書いておくと後々見返した時評価の変化とかあると楽しいのでやっておこうと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

わたしのライコウEX

なにかと活躍できないライコウEXまとめ
ダークラッシュ発売後、人生初のシビビデッキを組んだころから一度も抜かずに使っている愛され系EXのライコウについてまとめておきます。


ライコウさんは雷エネルギーを全トラッシュというとんでもないコストを要求するうえに出せる打点は3エネ100ダメージでトルネロスと同じ。HPもトルネロスと同じ。にげるエネも同じ。
そんな燃費の悪いライコウEXはテラキオンに一撃で沈められるというちょっと使えない子な感じです。

そもそも、雷EXは対処方法がとりあえずテラキ出してエネ1枚貼っておくのが定石なので相手が複雑なダメージ計算する必要が無いというところが少々物足りません。一本道になりやすいのでプレイングミス、というより妥当な回答以外が発生する余地が少ないですね。そこを利用してプレミス誘うという立ち回りを考えない以上は明確に選択肢を与えてしまうので相手としてみたら立ち回りやすいかもしれません。



ライコウEXは条件がそろわなければ場に降臨する機会すら与えられないという一種の伝説感すら漂うカードです。



おそらく運用はシビビデッキに入れてブリッジを投入するのが基本形になるでしょう。
対戦が始まって相手にシビビールデッキとばれると基本的に壮絶なシビビ狩りが始まります。もちろんライコウが活躍するにはシビビが必須です。2体いれば文句なしですが1体もいないとライコウを場に出す気すら起きません。シビビを使わない使用法がないか探してみましたが僕は発見できませんでした。


ということでライコウのために必死でシビビを立てましょう。1体立ってこちらのアタッカーが準備できてきたらサイドを計算しながら2体目を作り始めるというのが理想です。シラスをとるか、こちらのアタッカーに1回多く殴られるか選択を迫ることができれば合格点という感じです。
そうしてシビビが生き残れたらライコウさん降臨への第一段階は突破です。
序盤にライコウを出さざるを得なくなった時はあくまで空気に徹してもらいましょう。にげるコストが軽いこと、シビビを食った方がうまいこともあって相手もそんなに執拗に狙ってきません。(多分)
テラキオンにおびえながら過ごし、(運が良ければ)相手の頭からその存在が消えた頃が活躍の時です。
BWならキャッチャー4枚でた時点で出しておいても損はないと思います。


僕はライコウを後半の詰めのカードとして使います。
ライコウを出す前にまず、相手の場を見渡しましょう。テラキオンがいたら残念!ライコウさんはハイパーボールのコストかアララギ博士と死なばもろともです。
テラキオンがいない。もしくはクラハンやきせきをつかうことでそのリスクが十分ケアでき、かつライコウを使う明確な動きが考えられたらとうとうライコウ降臨、満を持して。


主にやってもらうことは
・ミラーで相手のシビビールをバトル場に縛ってNを打ちつつベンチを倒す。もしくはシビビールを破壊する。
・100点付近の打点がのったEXの処理
です。


前半後半通して活躍できるトルネロスEXで相手に乗せたまま逃げられた100ダメージを最後にとりきることがライコウに課せられた使命。スーパーポケモン回収やまんたんのくすりで回避されてしまうこともありますが、BWレギュだとキャッチャーが枚数通りの数しか使えないのでライコウで疑似キャッチャーと考えると優秀だと思っています。
ちなみに相手のトルネロスEXに対し、ライコウのプラパかみなりのきば+こちらのトルネロスEXのパワーブラストで倒せるのでごくごくたまに使います。2体のEXにエネ貼っているのでやるのは自分が有利な時になりがちなんですが。
ライコウは後半に出すことを想定しているのでテラキオンがいても相手のプラスパワーの残りを考えてまあいけるだろくらいできせきを張って出すのもたまにやってしまいます。怖いですが。
ライコウを出すときは勝利を確信した時、ファイナルターン宣言みたいなものだと思っています。


リスクが大きい上に相手によっては(ダークライとか)完全に腐りますがライコウさんお気に入りです。

ドラゴンセレクションカード考察

ドラゴンセレクションのカードについて考えます。
おもに気になるカードを。


レックウザ HP120
雷 りゅうのはどう 40
自分の山札を上から二枚トラッシュする。

炎雷無 ひきさく 90
この技のダメージは相手のバトルポケモンにかかってる効果の計算をしない。

弱点 竜×2
逃げる−3

1番始めに情報がでてきたカードですが、改めて考えるとひきさくでEX確実に二発で倒せるのが大きいですね。
90ダメージを与えておけばレックウザが倒れてもトルネロスEXできせき170までは倒せる計算になるのできせきで確定数をずらされてしまうトルネロスEXの補助になりうるのではないかとおもいます。


ラティアス HP100
無 エネアシスト
自分のトラッシュから基本エネルギーを一枚選びベンチポケモンにつける。

炎超 スカイゲイン 40
自分のベンチにラティオスがいるならこのポケモンのHPを20回復する。

弱点 竜×2
逃げる−1


エネアシストが無色一つで使えるたねというだけで他のカードとの差別化はできますね。さてこれを使って何をするか!って感じだと思います。加速が難しい色を手軽に加速できるので闘なんかの可能性が開ける気もします。


カイリュー HP150
雷無無 はかいこうせん 50
コインを一回投げ表なら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを一個選びトラッシュする。

草無無無 ハリケーンテール 60×
コインを四回投げ、表の数×60ダメージ。

弱点 竜×2
逃げる−3


個人的にはドラゴンセレクションの2進化で最も使えるのではないかと思います。ハクリューとミニリュウは二種類ずつあるもののどちらもHPが低いので、進化するまでは大変ですが、ビクティにこみで180以上のダメージを出す確立が5割をこえるのは魅力的です。カイリューでEXを一撃で落とせばそれだけで十分な仕事したと言えるので進化してしまえばその苦労の元は取りやすいのではないかとおもいます。草雷と、加速装置のある色で動くのも追い風でしょう。
ラインはミニリュウは草でみつめるの使える方、ハクリューはいやしのうたが使える方がいいかなーとおもいます。まあ特にハクリューなんてわざうたないと思いますが。


情報の出ていたオノノクス、ボーマンダを除くとめぼしいカードは以上ですかね。ラティオスは残念感が拭えません。
再録グッズのすごいつりざおと学習装置はいろんな色が必要なドラゴンを使いやすく、ラインを回収しやすくする配慮なのかなーとおもいます。


チケットも込みで考えても環境は大きくは変わらなそうな気がします。
来週以降はバトル強化デッキやBW5、そして公式大会の情報が出てくるのが楽しみです!

僕とトルネロスEXの2012年1月

12月のダークラッシュの発売に前情報なしで封入され、多くのスイクンファンの期待を裏切った?EXポケモン。
トルネロスEX。

1月中旬の現在は、もはやジムチャレでこいつと当たらないことはないくらいメジャーなカードになり、僕も現在進行形で愛用中。僕の中ではちゃんとした対策が必須のカードだと思っています。
そんなトルネロスEXを今更考察。



おさらい程度にトルネロスEXの基本スペックは

・スタジアム存在下で2エネ60ダメージ
・3エネ100ダメージ、コインによるエネルギートラッシュあり
・にげる1
・当然の闘抵抗

です。


トルネロスEXが注目カードである理由は

1.連続で100ダメージがだせる
2.エネ加速が容易

ということがあるからです
100ダメージというのは一部のメジャーポケモンを射程圏内に収めており、つまりはシビビール・ゾロアークを一撃で倒せるということです。
レシラム・ゼクロム、両者EXなどは可能でしたがコストが少し重く、このラインを手軽に満たせるポケモンは今までだとあまり存在しませんでした。トルネロスEXによって初めて環境トップに実現されたのではないかと思います。
もちろん1ターン目から100点を狙えることもできるのは魅力ですがこのへんは完全に運だと思うので対策らしい対策を考えることもないのかと思っています。


エネルギーを選ばないためセレビィやシビビを使ったエネルギー加速が容易で、テラキオンはじめ闘にめっぽう強いので雷デッキにはほぼ確実に入ってきます。スカイアローブリッジの恩恵を最大限に得られるのが注目カードである大きな理由でもあります。
こちらも雷デッキであれば戦えますが、そうでない場合、早く動けておそらく2・3回は殴れるであろうトルネロスEXだけで主導権を握られてしまいかねません。


そしていろんなデッキに入っているのでトルネロスEX同士の殴り合いになる可能性も高いです。
トルネロスをトルネロスで倒すならしんかのきせきがある方が勝ちます。どちらもしんかのきせきがあればプラスパワーのある方が勝ちます。
つまりトルネの殴り合いを見越してきせきとプラスパワーの必要性が高まったと僕は考えています。
もちろんきせきミュウツーなどHP170のEXを相手にする時にもプラスパワーが効くので今まで以上にプラスパワーが生きるでしょう。


ここがいちばん書いておきたかったことで、というよりここだけ書いておけばよかったことで、汎用性の高さからトルネ同士の殴り合いが増えた今、トルネ同士の戦いで勝てるような構築を意識しているかいないかで差が出ると思います。まあどちらもよくデッキに入っているので構築しなおすほどではないと思うんですが。


ちなみに個人的には雷デッキでも意外とトルネは落としにくいというのが感想で、ゼクロムのらいげきかサンダー
くらいしか安定してアドバンテージはとれず、ライコウやゼクロムではエネルギーの無駄や返しのテラキオンで結局サイドがイーブンなどの不自由もあるので意外とトルネは戦いにくい相手なんだと思います。



なんかまとまりのない文章になってしまったけれど僕個人としてはトルネロスを制する者が環境を制するくらいのレベルで大事なカードだと思っているのでこれからもまじめに考えていこうと思います。

ドラゴンセレクションのオノノクス

先週のボーマンダ・レックウザに続き、ドラゴンセレクションのオノノクスの情報も出てきたようです。



オノノクス  HP140 竜

無無 アックスラッガー 60+
相手のバトルポケモンが無タイプなら、60ダメージを追加。

闘鋼無無 りゅうのはどう 100
自分の山札を上から一枚トラッシュする。

弱点 竜×2 抵抗力-
にげる-2




オノノクスが登場。正直、先週公開された二枚と比べても大分見劣りします。
BW2のキバゴ・オノンドが活躍するのももう少し先になるでしょう。
今のところ無タイプの強ポケが存在しないので、アックスラッガーで打点が伸びることはあんまり期待できませんね。一撃で倒せない以上EXのレジギガスとも相性悪めです。
りゅうのはどうは混色4エネで100さらにデメリットと、メリットが見いだせないスペックです。
なんだかここまで使いにくいとドラゴンタイプ専用のカードが出てきてカバーされるのはもはや確定のように思えますね。
プロフィール

風車

Author:風車
座右の銘は「楽しく厳しくいやらしく」

twitter
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
カウンタ
 
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。